2008年06月02日

春の直線と曲線

先日、実家でお手伝いした田植えの風景。

画像にマウスを載せてください。

田植え機で植えた苗の直線が美しいですよね。

我が家では、この直線が時間の経過&集中力の低下により、いい感じの曲線になっていくんです。
この曲線がクセモノで、稲が成長して、見えなくなるまで残るので、近所の目があり、恥ずかしい。

年に一回しか田植え機扱わないので、慣れないし。



今日は、この直線(曲線?)に注目していきたいと思います。

たとえば、この良くある田園風景もマウスオンすると...

タテの直線とヨコの直線で構成されているのが分かると思います。
なぜ、こんな風になるかは、説明面倒くさいので、書きません。

一見、まっすぐに見えますが、途中曲がってます。
集中力が途切れちゃったんでしょうか。
ちょっと曲がってます
まだ気になるほどのレベルには達してません。

全体に大きく左側に曲がってます。
大きく曲がってます
そして、苗と苗の間が空いてます。
後でミゾを作るためなのかなぁ。

こっちは逆に重なってます。
重なってます
重なっても、米はたくさん取れないよ。

先に行くほどかなりの曲がり具合です。
先に行くほど曲がる
ここまで曲がっているとわざとやっているように見えるから、近所の人からも尊敬のまなざしで見られているかも。
「波」「水」「風」を表現しているらしい(嘘)


ここまでくると、田んぼに苗を埋めることだけが仕事なんでしょうね。
スキマも空いているし,曲がっているし。
諦めたのか?
ちなみにこの田んぼは道路から入ったところなので、人の目を気にしなくても良かったのかも。

最後に意図した曲線を。
曲線美
posted by ねこパンダ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99025188

この記事へのトラックバック